施術について

石田カイロプラクティックオフィスでは、”手”で治療をします。
道具は補助的にしか使いません。手をつかって身体に働きかけます

主に”手”のみで行なう治療法を「手技療法(しゅぎりょうほう)」といいます。 その働きかけは薬ほど急激で強いものではありませんが、そのおかげで副作用はなく、身体の自然治癒力がむしろ高まります。 カイロプラクティックは身体にやさしい治療法です。(左の写真: 施術についての説明)

 

 

最初に、現在の症状や内科的な疾患の有無を、カルテに記入していただきます。そのカルテをもとに、過去の障害や内臓機能低下による障害等、詳しい症状をお聞きしながら、姿勢分析や各種検査を行います。
(左の写真: 腰椎の検査)

 

 

 

 

 

そして体の歪み等の不具合を総合的に判断して、その方の体調に合わせた方法(手技)により施術を行っていきます。
(左の写真: 目の動きによる脳神経の検査)

 

 

 

 

 

 

(左の写真: 小脳の検査)

 

 

 

 

 

 

 

(左の写真: 寛骨の動き(骨盤の検査)

 

 

 

 

 

 

 

(乳幼児は、お母さんを通じて、IRTで施術します。)

国際基準のカイロプラクティック学位保持者である院長もしくは副院長が、直接担当し、下は乳幼児から、上は90才の方までその方の症状に合わせて、無理のない施術を行いますので、安心して治療を受けていただけます。