腰痛・背中の痛み

腰に鈍い痛みがある 神戸市北区のSさん

腰に鈍い痛みがある  54才の女性の方です。普段から、家事と仕事を両立
  しながら頑張っておられる方ですが、最近、残業が
  増え、仕事上の神経的なストレスもきつくなり、腰に
  鈍い痛みがあり、頭痛もする。また、体全体が重く
  て、特に朝がつらい、とのこと。
  そこでまず、神経的なストレスを緩和させるために、
  IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を施術。
  また副腎機能の低下も考えられたので、QAテクニッ
  クの副腎皮質ホルモン調整による体内バランス調整を
  行っていきました。

  すると、つらい症状が徐々に緩和されていきました。

腰痛 加古川市のTさん

IMG_0662  会社員の女性Tさん(53才)。4年前に左の足首を骨折
  して以来、左腰に痛みがあり、肩こりもあると来院さ
  れました。いろいろとお聞きすると、仕事と母親の介
  護で心身ともに疲れていて、神経的にも過敏な状態が
  見受けられました。また、内科的には、20年前に子
  宮筋腫の手術をされたそうですが、ホルモンのバラン
  スもよくないようです。

  骨格的には、頭部・肩甲骨・骨盤の位置、すべてが右
  上方に変位していました。そこで、骨格の矯正と筋肉
  の調整後、神経的なストレスの緩和のためにIRT(イン
  ジュリ・リコール・テクニック)で治療していきまし
                        た。すると徐々に、症状は緩和されていきました。

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア) 神戸市須磨区のTさん

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)  神戸市須磨区にお住いのTさん(66才)。最初の来院
  は、10年以上前です。腰痛で来られ、その症状が治
  まってしばらく中断されていましたが、その間に、
  胃がんの手術をされたそうです。

  再来時、骨格は頭部と肩甲骨は左上方に、骨盤は右
  上方に変位しており、腰椎の左右の靭帯部分の痛み
  を訴えておられました。

  その症状が治まってからは、健康維持の為に、月に
  数回来院されていますが、最近、ご自身の定年退職
  や、ご両親の介護による疲れなど、精神的につらいことが重なり、また腰痛が出てきたとのこと。
そこで、骨格と筋肉の調整の他、神経的なストレスの緩和のためにIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で治療していきました。
今回は、日ごろの定期的な調整と、症状が出てからの調整が早かったのとで、比較的早く痛みが治まりました。

腰痛(脊柱管狭窄症) 神戸市須磨区のAさん

QAテクニックの副腎皮質ホルモン調整  Aさん78歳、女性の方です。趣味で長年、歌を習って
  おられるそうです。

  最近、腰から足にかけて、腫れぼったく痺れがあると
  来院されました。整形外科では、MRIで検査した結
  果、脊柱管狭窄症の診断を受けられているとのこと。
  それと内科的には、甲状腺ホルモン低下症の持病も。

  一人暮らしをされているということで、歩けなくなる
  と日常生活が出来なくなる、ということを心配されて
  いました。

早速検査すると、頭蓋と骨盤が右上がりに変位していましたので、骨盤を調整し体全体のバランスを調節。そして、変位している部分の椎骨の調整。
あと、甲状腺ホルモン低下症の持病もあるので、ホルモンのバランスを調整するべく、QAテクニックの副腎皮質ホルモン調整をしていくと、徐々にですが、症状が軽減してきました。

※甲状腺ホルモン低下症…甲状腺機能が低下すると、全身の代謝が低下し、体の様々な機能が低下します。精神機能の低下で、無気力、眠気、記憶障害など。消化器官の運動低下で便秘など。心臓機能の低下で、脈が遅くなるなど。あと、皮膚が乾燥したり、髪の毛が抜けたり、声がかすれたり、体重が増加したり。また疲労感もよくみられ、動きが鈍くなったりします。

※脊柱管狭窄症…主に、加齢による退行変性で、椎骨と椎骨の間隔が狭くなり、椎間板が変形し、その間を通っている神経に触れ、それが原因で、痺れや痛みを起こします。 

腰痛 神戸市北区のNさん

腰痛 (2)  普段は、趣味の体操教室に通ったり、ときには指導も
  したりと、元気に飛び回っているNさん62歳。

  最近、腰に痛みがあり、特に、腰を曲げた時に痛みが
  出るので、両ひざに手を添えて曲げないといけない、
  とのこと。

  早速検査をすると、頭部、肩甲骨、腰椎のすべてが左
  上がりで、頸椎の動きも悪くなっています。そこで、
  腰椎の矯正や、張っている筋肉の調整などをしました
  が、なかなかよくなりません。

そこでさらにその原因を探っていくと、近く行われる予定の行事や、親しい友人の病気のことなど、精神的なストレスを抱えておられることがわかりました。神経的なストレスが、腰痛など、身体症状として現れることはよくあることです。そこで、神経的なストレスを和らげて痛みを緩和させるテクニック、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を使ったところ、痛みは徐々に楽になってきました。

転職後に再発した腰痛 明石市のTさん

転職後に再発した腰痛  永年勤めた会社を早期退職されたあと、別の会社に就
  職されたTさん58歳。もともと、持病の腰痛があり、
  その症状が治まってからも週に一度程度、健康維持の
  ために定期的に施術させていただいていました。

  新しい会社で働きだして3ヶ月ほどたったころ、急に
  ひどい腰痛が起こりました。

  早速検査したところ、頭部と骨盤が左上方に変位、肩
  甲骨が右上方にしていて、特に骨盤の変位が大きいよ
  うでした。そこでまず、骨盤を矯正し、その付近の筋
  肉(梨状筋)を調整していきました。(写真)

また、いろいろとお聞きしていると、新しい仕事は、これまでしたことがない営業職で、外を歩くことも多く、精神的なプレッシャーも大きいようでしたので、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を施術しストレスの緩和をはかっていきました。

今回は、これまで定期的に施術を受けていただいていたということもあり、1回の施術で楽になられました。

腰痛 神戸市中央区のHさん

骨盤部分の筋肉の調整  神戸市中央区にお勤めのHさん28歳。首のヘルニアと
  診断され、頭痛と吐き気があると来院され、治療中で
  したが、2~3日前から腰が痛いとのこと。立ち仕事
  が多く、職場の長を任されていて、神経もよく使うと
  のこと。今回は特に、立っている時間が長かったとい
  うことでしたので、筋筋膜症と判断し、骨盤を調整。
  また、それに関係する筋肉を調整。(写真)

  症状が出てから、比較的早い時期に調整できたので、
  1回の調整で症状は楽になりました。

背中の痛み 神戸市北区のMさん

IRT  神戸市北区にお住いの主婦Mさん(58歳)。10年位前
  から腰痛があり、当時、椎間板ヘルニアと診断された
  そうです。以来、同じ姿勢をしていると、すぐに腰が
  痛くなり、だんだんと曲がってしまう、とのこと。こ
  れまでマッサージや鍼治療をされていましたが、今回
  は背中の左部分に痛みが出てきたと、石田カイロに来
  院されました。

  早速検査をすると、頭部と骨盤は右上方、肩甲骨は左
  上方に変位していました。趣味でテニスをされている
  そうですが、好きなテニスも出来ず、家事にも支障を
  きたしてきたとのこと。

そのほか、いろいろとお聞きすると、最近、お父様が亡くなられたそうで、そのあたりの精神的ストレスも重なり、自律神経のバランスを崩されている可能性がありそうです。
そこでまず、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を施術しストレスの緩和をはかりながら、骨格の矯正をしていったところ、徐々に症状が楽になっていきました。 

再発した腰痛 神戸市中央区のYさん

再発した腰痛  神戸市中央区のYさん(72歳)。
  以前、ひどい腰痛になって動けなくなり、入院した経
  験を持っているそうですが、今回、また腰に痛みが出
  て、まっすぐに立つことができない、と来院されまし
  た。

  今度は、前回のように入院したくない、と思い、知り
  合いをあちこち聞いてまわり、石田カイロを訪ねて来
  られた、ということでした。

  検査すると、頚椎と胸椎は右が上がり、腸骨は左が上
  がっている状態で、変形性股関節症もあるようです。

いろいろお話をお聞きすると、以前入院したときのいやな思いが忘れられず、「もう入院したくない」という思いがとても強いようなので、まず最初に、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を使用してみました。
そしてその後、骨盤の矯正や股関節の調整を行いました。

すると、最初の数回は、一進一退という感じでしたが、10回ほど、詰めて施術させていただくうちに、症状が軽くなってきました。

今では、腰痛の症状はほとんどなくなってきましたので、以前、水が溜まったことがある、という膝の調整を並行して行ないながら、1週間に一度の割合の施術を続けていただいています。

腰痛と背中の痛み 尼崎市のWさん

腰痛と背中の痛み  兵庫県尼崎市にお住まいのWさん(42歳)が、腰と背中
  に痛みがあると、来院されました。
  数年前に交通事故にあわれたことがあるそうです。

  また、仕事は重いものを持つこともあり、身体を良く
  使うお仕事で、なかなか腰痛がとれずに、慢性的にな
  っているようで、整形外科では、腰椎椎間板ヘルニア
  の病名がついたそうです。

  それが、最近では、背中にも痛みが出てきて、仕事が
  1日1時間くらいしか出来ない、ということでした。

早速検査すると、骨盤は右が上がり、肩甲骨は左上がり、頭部は右上がりになっていました。
調整としては、まず、骨盤の歪みを調整し、腰椎の矯正をしました。

あと、慢性的な腰痛ということでしたので、身体に記憶されている過去の傷害を記憶の除去のために、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を使用して調整していきました。

最初に痛みが出てからずいぶん時間がたっていましたので、最初の10数回は、できるだけ施術間隔を詰めてきていただき、症状が軽減してからは、1週間に一度、10日に一度、と、徐々に間隔を延ばして施術させていただき、現在は、症状はずいぶん楽になってきています。

3 / 512345