腰痛・背中の痛み

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)姫路市Kさん

学生時代は水泳の選手で大会前の前には必ず調整に来られていたKさん25歳

 

仕事中に重い物を持ち腰痛を再発。

 

症状は、腰を前に(前屈)曲げると臀部(おしり)と腰の下部が痛くて曲げる事ができない。

 

学生時代は水泳で鍛えたあげた体なのですが、社会(仕事)とは、体の使い方が違ってくるので

 

腰の椎骨が変位し椎間板に圧迫が加わり神経を圧迫しての痛み。仙骨の関節部分の変位し炎症がでて

 

痛みが併発している。

 

施術としては、まず仙骨の部分、腰椎下部を矯正。関節、骨格の動きをつけ筋肉調整、痛くなった瞬間(重い物をもった時)のイメージを

 

緩和させるテクニックIRTなどをしていくと痛みが軽減した。

 

 

 

腰痛(筋筋膜症)

神戸市兵庫区女性Iさん 45歳

 

仕事と家事とで忙しくされているIさん重い物を持った時に

 

腰が痛くなり歩行しづらいと来院。

 

早速、検査してみると右の腸骨が上方へ腰椎5の椎骨が後右方へ変位して

 

周りの靭帯が過緊張している。

 

その骨格を調整し、靭帯の緊張を正常にし、ストレスを緩和するテクニックIRT

 

感情ポイントテクニックをすると痛みが軽減しました。

腰痛・筋・筋膜症  明石市男性Tさん63歳

健康維持の為に来院されていたTさん。

 

重いものを持ち上げた時に、腰に痛みが症じたと来院。

 

現在も骨格調整は施術しているので、腰の筋肉が急激な刺激を受けて

 

筋膜に炎症が症じた為に、筋・筋膜調整、骨格調整、重いものを持ち上げた時のイメージ

 

を緩和させるため、IRT、感情ポイントテクニックをし痛みが軽くなりました。

 

腰痛

神戸市垂水区にお住いのOさん68才男性

 

朝、起き上がるときに腰、(股関節)足の付け根部分に痛みがあり起き上がれない。

 

動かし始め10分後には、痛みもなくなってくるが、これが不安となり来院。

 

検査すると後頭骨(頭部)のずれと仙骨(おしりの部分の骨)が変位し

 

筋膜もねじれ痛みが出ていると思われる。

 

後頭骨のずれ、仙骨を矯正をすると痛みが改善されてきた。

進化するカイロ

変形性腰痛症

 

あさひGreenFamilyに紹介されました。

 

腰痛には変形性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症

 

脊柱管狭窄症、坐骨神経痛等で傷んてせいる部位や痛み方によって

 

さまざまな種類があります。

 

変形性腰痛症とは、代表的には加齢による骨変化等がありますが

 

神経を圧迫している部位の関節を調整し痛みが出た時のイメージを

 

取り除く(IRT)AKテクニックのインジュリーリコールテクニックで改善を

 

計る調整法を施すと痛みが軽減した。

 

腰痛に対しての施術の事を紹介されました。

前かがみにならないと歩けない(腰痛) 神戸市北区のAさん

身体呼吸療法  会社員のAさん54歳。
  首から肩、そして腰部にかけて、体の後ろ部分全体が
  痛い。
  また、座っていて、歩き初めに、前かがみにならない
  と歩けない、後方にそらすなどストレッチをしてから
  でないと歩けないとのこと。
  早速、検査をすると、頭部と肩甲骨が右上方に、骨盤
  が左上方で体全体が左に回旋していました。
  そこでまず、骨盤と腰椎を調整。そして、頸椎を調
  整。
  次に、骨盤にブロックを当てて身体呼吸療法のテクニ
  ックで筋膜の調整を行いました。(写真)
最初の来院時には、痛みが出始めてから、少し時間が経っていましたので、痛みが軽減するのに少し時間がかかりましたが、根気強く調整させていただいたおかげで、今では症状も、ずいぶん楽になってきています。
Aさんのように、体のあちこちに痛みが出て、それが長期化している患者さんは、その痛みのために精神的なストレスも加わり、職場での人間関係も悪化するなど、日常生活にも影響を与えがちなので、できるだけ早い目に痛みを軽減することが大切です。

自己免疫疾患が原因と思われる首や腰の痛み  神戸市灘区のSさん

漂白剤スニフテスト  お勤めのSさん(52才)。最初、15年ほど前に腰痛で来
  院された患者さんですが、当初の腰痛が治まってから
  も、健康維持の為に、2週間に一度くらいの割合で、
  施術を続けていただいています。
  その方が、首と腰に、いつもと違う感じの痛みがあ
  る、ということで、内科と整形外科に受診されたそう
  ですが、どちらでも、異常なし、という診断だったそ
  う。 ただ、血液検査で、炎症を表す数値が少し高
  い、とのこと。 骨格的にも、少し歪みはあるもの
  の、それが原因でそこまで痛みを引き起こしていると
  も思えない状況。
  そこで、いつものように、骨格と筋肉調整をしたあと、QAテクニックの漂白剤スニフテストを行ってみました。
これは、アレルギーや自己免疫疾患などが原因で、何らかの炎症症状が起こっている場合に反応が現れるテストです。
すると、思った通り、その反応が現れましたので、続いて、それを取り除く施術をおこない、何度か施術を繰り返すうちに、痛みは改善していきました。

腰痛 明石市のIさん

片足立ち検査  お勤めのIさん(54才)。スポーツで痛めた膝を手術し
  たあとくらいから、腰に慢性的な痛みがあったそうで
  す。
  それが、先日、満員電車に乗り合わせた時、押されて
  無理な姿勢でしばらくの間、電車に揺られたそうで
  す。
  ひょっとしたら、これでまた腰痛が出るのではないか
  と不安はあったそうなんですが、翌朝、不安が的中し
  て、ひどい腰痛になったとのこと。
  姿勢検査、片足立ち検査をすると、ずいぶんひどい歪
  みがありバランスも崩れていて、靭帯や筋肉にも影響
  がでているようです。また、いろいろお聞きすると、職場での人間関係にも悩みがあるとのこと。
そこでまず、骨格の矯正と筋肉の調整。そして、精神的なストレスをIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で緩和していきました。
すると、症状は、徐々に楽になっていきました。

スキーで転倒後の腰痛 神戸市垂水区のOさん

腸骨の矯正  54才会社員のOさん。最初は、頭痛と腰痛で来院され
  ましたが、痛みが楽になった後も、健康維持のため
  に1週間に一度の割合で定期的に施術させていただい
  ている方です。
  そのOさんが、先日、スキーに行って転倒した後、腰
  痛が再発した、と来院されました。
  早速検査してみると、骨盤は左上方、肩甲骨と頭部は
  右上方に変位していました。
  そこでまず、骨盤(左腸骨部分)を矯正しました。(写
  真)
  そして次に、転倒したときの神経的ダメージをIRT(イ
  ンジュリ・リコール・テクニック)で緩和していきました。
症状は、徐々に楽になっていきました。

ストレスによる腰痛 姫路市のKさん

ディバーシファイド・テクニック  30才の男性です。
  すごい痛みがある、というほどではないのだけれど、
  全身が重だるい。特に、腰の部分に痛みがあって重だ
  るい、という症状で来院されました。
  いろいろとお聞きしてみると、仕事のこと、家族のこ
  とで悩みがあり、神経的に疲れ、そのことが骨格にも
  影響を及ぼし、骨格に歪みを引き起こしているようで
  した。
  検査すると、頭部、肩甲骨、骨盤の全てが右上方に、
  仙骨部分が左後方に捻っている状態でした。
  写真は、腰部をディバーシファイド・テクニックで矯
  正をしているところです。
まずこのようにして、骨格的な調整を行った後、神経的に、何に最もストレスを感じているかをIRT(インジュリ・リコール・テクニック)でチェックし、施術を行っていきました。
何度か調整させていただくうちに、徐々にですが、体全体の重だるい感じは楽になっていきました。

1 / 612345...最後 »