スポーツ障害

肩の障害(スポーツ障害)東灘区

「敬天愛人」と言う総合格闘技に出場する

 

極真空手中村道場の松岡朋彦先生に同行し出場前の調整をしました。

 

転んだり手をついた時に肩関節の障害で再発を防じるために肩関節の調節をし

 

試合前にテーピングし肩関節の障害をアウトプットする為にIRT(インジュリーリコールテクニック)

 

過去の障害・苦手意識を緩和し筋力テストで再度確認をして試合に望んでもらいました。

 

 

姫路市 T君17歳 腰痛(椎間板ヘルニア)

I高校の水泳部のT君 17歳

 

腰痛(椎間板ヘルニア)と整形外科で診断。色々な治療等をしていましたが

 

完治せず、先輩の紹介で来院。

 

検査してみると、前後の動きと右側屈時に痛みがあり動作が半減していました。

 

原因は、腰椎L4,5の動きが悪く、椎間板を圧迫している。

 

早速、L4,5の施術をほどこし、(腰椎矯正) 内転筋の調整をすると

 

痛みが軽減し、今では泳ぐ事も出来大会に向け頑張っています。

 

内転勤の治療は、顔面タッピングをしました。

K君高校二年生 野球イップス

外野手のK君がイップスになったのが、高校一年生の時。

ある日突然投げづらくなり、騙しだまし練習をしていたそうです。

二年生になり、騙しもきかなくなり悩んでいたみたいです。

治療は、筋・骨格調整。投げれなくなったきっかけを緩和していくテクニック

IRT,感情ポイントテクニックをしていきました。後は、フォームの改善をし様子をみていきました。

 

治療三回目で効果がではじめ、K君は、八割は感覚的に戻ってきたと。

普段、簡単に投げる事が急に投げれなくなる不安。悩んで野球が嫌いになりかけたみたいですけど

今、投げれる事ができ野球が楽しいとK君は喜んでいます。

K大学野球部M君 19才 捕手 イップス

高校生の時に肩の骨折で少し野球を休む事に。

怪我から復帰し、復帰後の初練習で返球がみだれてしまい

先輩の一言で、投げるのがうまく投げれなくなり、大学に入ってもイップス

状態が続く感じでした。

施術は、IRT、感情ポイント、筋・骨格治療、骨折後の痛みはなかったのですが

可動域が狭くなっていたので肩関節の可動域をよくしていきました。

肩の動きがよくなると同時にフォームの改善も行いました。

治療5~6回目の時に調子もあがってきたみたいで、正捕手になりリーグ戦も途中から

マスクをかぶり試合に出れるようになりました。

今後も期待していきたいとおもいます。

KARATE GRANDPRIX2017

3月26日に千葉ポートアリーナにて行われた「KARATE GRANDPRIX2017」
の中量級に、亀井元気選手が出場しました。
大会前に治療をし、筋・骨格を調整し、IRT、感情ポイントで苦手意識を緩和しました。

結果、中量級優勝。亀井選手は、2014年の全日本の大会で優勝して以来の優勝。
大会が終わりすぐに治療に来ました。試合後は、足が腫れ上がっていたりするのですごく
ハードワークだなと感じます。
治療前は、足をかばいながら歩行していましたが、帰りには、スムーズに歩行できるようになりよかったです。5月の大会に向け精一杯サポートしていきたいと思います。

スポーツ障害

46野球肩 機能的障害で代表的なものに、野球肩、テニス肘、
 また神経的障害のイップスなど、過去にしていたス
 ポーツに起因した障害をも、石田カイロでは、筋肉
 や関節にある体性神経(感覚神経・運動神経)を刺激
 することで、間脳というところに働きかけ、自律神
 経の調整をしていきます。

 また、TBM(トータル・ボディ・モディフィケーシ
 ョン)やIRT(インジュリ・リコール・テクニック)
 で、肉体的、または精神的なストレスの原因を探
 り、体内に残ってしまっているその記憶を取り除
 き、本来、誰もが持っている自然治癒力を引き出す
方法で調整していきます。

 

イップスについて

イップスとは、もともとゴルフのパターをするときに、精神的なプレッシャーや過去の失敗の苦い経験の思い出から、身体が固くなって決まって、普段ならなんの問題もない場面で、ミスをしてしまったり、パターが振れなくなってしまったりする症状のことですが、同じような神経戦的な要素の大きい弓道や野球、テニスなどいろいろなスポーツをする人に発症します。
   
これは、その人が、単にプレッシャーに弱いとか精神的にどうとかいうことではなく、震災や事故の後のPTSD(心的外傷後ストレス障害)などと同じように、大事な試合でのデットボールやクロスプレーなど、過去の経験があまりにも強く心の中に刻み込まれたために、同じような場面に遭遇したときに、身体に悪い影響を及ぼしてしまうのです。

石田カイロでは、そんなときに、身体に刻み込まれた過去の苦い経験の記憶や、障害の記憶を呼び起こし、距骨(足首の骨)に刺激を与えることによって、身体の中にある傷の歴史や記憶を消し、筋肉の記憶も消滅させるテクニックIRT(インジュリ・リコール・テクニック)を使用して、調整していきます。

カイロプラクティック施術者から見た試合に勝つための条件

まず、逆に、すべてのスポーツに共通する、試合に勝つことの障害になる事柄についてです。

その1 外的なストレス(構造的機能不全)
その2 精神的なストレス(プレッシャー、人間関係、イップス、デットボールや野次、等)

外的なストレスに関しては、従来のカイロプラクティックのテクニックで、骨格的・構造的機能を改善していきます。
そして、精神的なストレスに関しては、AKテクニック(IRT)(LQM)(QA)で、軽減していきます。

IMG_0101

構造的・精神的な機能不全を残したままトレーニング
すると、片寄ったトレーニングとなり、フォームを崩
したり、パフォーマンスがより悪くなる可能性があり
ますので、必ず、上記の障害を取り除いたうえで、ト
レーニングをする必要があります。

石田カイロでは、常歩(なみあし)、二軸動作とスポー
ツPNFを使った指導もしています。

副院長のブログ、また副院長の過去ブログの方にいろ
いろなスポーツマンたちへの施術や指導の記事をアップしていますので、興味のある方はご覧になってください。

サッカー    203 103 303

 

 

 

 

肩とひじの故障に悩んだプロ野球の現役時代の話

IMG_9915   阪神大震災のあった年1996年、この年にプロ野球で
  日本一になったオリックスブルーウェーブ。

  このチームの打撃を引っ張ったのは、イチロー選手。
  そして、投手陣の象徴として頑張ったのは、長身のセ
  ットアッパー鈴木平投手。

  その鈴木選手は、優勝の翌年から、肩とひじの故障に
  苦しんだそうです。オリックス、中日、ダイエーと渡
  り歩いている途中で、チームメイトの紹介で、石田カ
  イロプラクティックに治療に来られるようになりまし
  た。

  そしてユニフォームを脱ぐと同時に神戸に引っ越して
  きて、鍼灸師を養成する学校に通いながら、石田カイロプラクティックで手技の勉強を始めました。

元プロ野球選手というプライドも封印して、3年間、みっちりと勉強して、2006年には、故郷の静岡県磐田市でタイラ治療院を開設。現在も、鍼灸とカイロプラクティックを通じて、故障した小中学生・高校生の野球選手や、それ以外にも一般の方の治療に励んでいます。

自分のように、無理をして故障のために好きな野球が出来なくなる子供がいなくなるように、好きで始めた野球をできるだけ長く続けさせてあげたい、そんな思いで、地元チームの指導者たちに厳しいアドバイスを送ることもあるとか。IMG_9916

もともとは、石田カイロプラクティックの患者さんとして、そして3年間は石田カイロプラクティックのスタッフとして頑張った鈴木平君。

これからもますます、治療家として頑張ってください。

 

詳しくはこちらのページで

トワテックリサーチHPの鈴木平インタビュー記事

https://www.towatech.net/research/articles/show/109

https://www.towatech.net/research/articles/show/114