施術例

産後の腰痛 大阪市西淀川区 Iさん38才

健康維持の為に、施術を受けに来られているIさん。

1か月前にご出産され、産後の調整で来院。

産後の腰痛の原因としては、簡単に分けると3つの原因があります。

 

・妊娠中からの影響

赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように妊娠初期からホルモンの影響で骨盤や筋肉、関節が緩んだ状態になる。

・分娩時の影響

分娩中は約3㎏の赤ちゃんの身体に合わせて、骨盤や靭帯、関節がさらに開いて分娩に対応します。

・育児の影響

育児中は忙しくて妊娠中や分娩中に負担がかかった腰を休ませる時間がなく、腰痛を悪化させてしまう。特に産褥期と言われる産後1か月に休めなかったり、上のお子さんの面倒も見ているなどという場合さらに悪化・慢性化になる場合がある

 

Iさんの身体を検査すると、右の腸骨が前上方に変位、恥骨結合にも変位がある。骨盤の変位によって脳脊髄液の流れが悪くなる可能性があり、流れが悪くなると体調不良が起こりやすくなり、また、自律神経失調になりホルモンバランスが悪くなり体調不良にもなりやすくなる。

 

筋、骨格の調整、骨格はAKテクニック、カテゴリーブロックテクニックをし、出産時の障害のイメージを緩和させるテクニ                ックIRT、感情ポイントテクニックをする。

産後の調整は今後の健康の為には大事なことである。

 

神戸市須磨区Tさん 52歳女性 心の疲れ(ストレス

変形性股関節症で、来院中のTさんは、仕事、親戚の付き合い、介護等のストレスがあり
イライラ感が毎日あり、体の緊張が起こり、肩凝り、股関節の動きが悪くなってきた。

治療としては、カイロプラクティックの技術の中の、IRT(インジュリーリコールテクニック)。感情ポイントテクニック。
筋・骨格の矯正などをしていくと体の緊張も取れ楽になってきました。

肩の痛み 徳島市Kさん 38歳女性

健康維持の為に、一か月二回程来院のKさん。

育児と家事と忙しい毎日。朝起きた時に、首から肩にかけて痛みが出たきたとのこと。

検査をすると、後頭部(頭)と頚椎の変位が症じて、可動域が減少していました。

変位を矯正し、肩甲骨の周りの筋肉を調整すると痛みは軽減した。

腰痛(椎間板ヘルニア)西宮Kさん

西宮在住のkさん男性73歳

8年前に、腰椎椎間板ヘルニアと専門医に診断され、最近、歩行するのも辛くなり、痛みが出て眠れなくなってきたとのことで来院。

定年退職をされてからも、力仕事をされているのですが力が入らないので仕事にもならない状態です。

早速検査をし、その結果、腰椎の5番目の椎骨が変位して、仙骨にも影響していることが分かりました。

腰椎の矯正、今までの腰痛のイメージ、過去の障害を緩和させるテクニック、AKのIRT(アプライドキネシオロジーのインジュリーリコールテクニック)で施術すると、腰痛もだいぶ良くなってきたようです。

ヘルペス後の痛み 神戸市垂水区 Nさん

神戸市垂水区在住のNさん。

健康維持の為に、週一回施術に来られています。

2,3か月前にヘルペスになり、専門医の治療を受けられて良くなりましたが、時々痛むとの事でした。

施術として、アプライドキネシオロジー(AK)テクニックの経絡施術、タッピングポイントで施術を施すと痛みが軽くなり、また、就寝時に出る痛みも軽くなり、ぐっすりと睡眠が取れるようにになりました。

イップス 水泳 明石市在住 kさん

明石市在住のKさん

健康維持のために定期的に治療をしているKさんは、仕事を退職され水泳を始められましたが、ターンや飛び込みが上手くいかず、身体の動きが硬くなるという症状で来院されました。

色々お話をお聞きしていると、過去に子どもが溺れている時に助けられずに立ちつくしていたという記憶が蘇って、身体がこわばるのが原因だと分かりました。

I.R.T、感情ポイントで施術後、ターンや飛び込みも上手くできる様になってきたと、喜んでおられました。そして大会にも出場することができるようにまでなりました。

極真空手三宮道場U君 足首捻挫

極真空手三宮道場のU君 小学二年生

 

足首を捻挫し、正座、組手、ミット打ちなどの練習をすると足首が痛く

 

中々、本域で練習ができないと来院。

 

治療は、距骨を矯正し、前距腓靭帯が固くなっていたので靭帯の動きをつけると

 

正座、ミット打ちが少しずつ出来るようになり、もう一息良くならない感じがありましたので、

 

捻挫をした時のイメージを緩和(IRT・感情ポイントテクニック)をし、前脛腓靭帯にも障害がありましたので

 

治療。今では、ミット打ちや組手も100%の力で出来るようになったと喜んでいます。

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)姫路市Kさん

学生時代は水泳の選手で大会前の前には必ず調整に来られていたKさん25歳

 

仕事中に重い物を持ち腰痛を再発。

 

症状は、腰を前に(前屈)曲げると臀部(おしり)と腰の下部が痛くて曲げる事ができない。

 

学生時代は水泳で鍛えたあげた体なのですが、社会(仕事)とは、体の使い方が違ってくるので

 

腰の椎骨が変位し椎間板に圧迫が加わり神経を圧迫しての痛み。仙骨の関節部分の変位し炎症がでて

 

痛みが併発している。

 

施術としては、まず仙骨の部分、腰椎下部を矯正。関節、骨格の動きをつけ筋肉調整、痛くなった瞬間(重い物をもった時)のイメージを

 

緩和させるテクニックIRTなどをしていくと痛みが軽減した。

 

 

 

肩の障害(スポーツ障害)東灘区

「敬天愛人」と言う総合格闘技に出場する

 

極真空手中村道場の松岡朋彦先生に同行し出場前の調整をしました。

 

転んだり手をついた時に肩関節の障害で再発を防じるために肩関節の調節をし

 

試合前にテーピングし肩関節の障害をアウトプットする為にIRT(インジュリーリコールテクニック)

 

過去の障害・苦手意識を緩和し筋力テストで再度確認をして試合に望んでもらいました。

 

 

過去の障害等(スポーツ障害)

大会前には、調整させていただいてる極真空手 松岡朋彦先生が

 

11月に鹿児島アリーナで行われる総合格闘技のイベント「敬天愛人」の

 

スペシャルマッチに出場されます。

 

対戦相手は、キックボクサーの北園翔大選手です。

 

松岡先生は、試合前には、必ず体の調整をし、苦手意識(感情ポイントテクニック)の克服

 

過去における障害の施術(インジュリーリコールテクニック)で調整し筋・骨格の歪み等も調整し

 

万全の状態でのぞまれています。今回も頑張ってください。

1 / 2112345...1020...最後 »