総院長&院長ブログ

新たなる挑戦 極真空手 松岡朋彦支部長

投稿日:2018.05.23

極真空手 三宮 東灘 支部長 松岡朋彦先生

 

全日本ウエイト制空手道選手権大会

2004年 準優勝

2005年 優勝 中量級

 

5年間、2010年までの間、準優勝等

 

輝かしい戦歴の、三宮支部、支部長の松岡朋彦先生。

 

その輝かしい戦歴の中で、カイロプラクティック・アプライドキネシオロジー(AK)

 

Quintessential Applicatious(QA)のIRT(インジュリーリコールテクニック)

(過去の傷害を取り除く)の臨床をさせてもらい

 

今、現在、我々の治療に取り入れています。

 

又、今回、松岡支部長は、40歳になり同じ練習及び試合では、伸び悩むと

 

違う道から、強さを追求され、総合格闘技に挑戦。

 

先日は、巌流島で手合せ稽古にも参加された。

 

今回も、松岡支部長の挑戦に応援。

 

骨格調整ももちろんのこと。IRT及び新たに感情ポイントテクニック等を用いて

 

施術していこうと、がんばっています。