総院長&院長ブログ

神戸あさひGF No342 心の疲れ・自律神経失調症

季節の訪れとともに、心の疲れから自律神経失調症の患者さんが増えてきています。

 

心臓の動きや呼吸、食べ物を食べたら胃や腸が消化を始めるなど、人間の体は、意識しなくても

 

自然に自身を健康な状態に保とうとしています。

 

これは、自律神経働きによるものです。

 

自律神経は、人の体の中でアクセルの働きをする交感神経と、ブレーキの役目をする副交感神経

 

で構成されています。そのバランスがとれていると身体は正常に働きますが、バランスが崩れ

 

た時、色々な不具合が出てきて、自律神経失調症と呼ばれます。

 

筋肉や関節にある体性神経(感覚神経・運動神経)を刺激することで、間脳というところに働き

 

かけ、自律神経の調整をしていきます。

 

また、TBM(トータルボディ・モディフィケーション)やIRT(インジュリー・リコールテクニック)

 

で、肉体的、または精神的なストレスの原因を探り、体内に残ってしまっているその障害の記憶

 

を取り除き、本来、誰もが持っている自然治癒力を引き出す方法で調整しています。