Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/randg6/ishida-chiro.com/public_html/wp-content/themes/lct/category-works.php on line 25

施術例

感情ポイントのテクニック 神戸市中央区のMさん

DSC00736  以前にも、不得手の克服ということで書かせていただ
  いた方です。
  また近いうちに囲碁の試合があるということで、苦手
  意識の緩和の施術を行いました。
  囲碁の試合中のイメージ、最後のツメの場面のイメー
  ジ、苦手な相手のイメージ、試合会場のイメージな
  ど、思い描いてもらいながら、スタッフの筋力を使っ
  ての筋力検査を行いながら、調整していきました。

 

全身がだるい(疲労) 三田市のKさん

2 ナイアシンアミドでテスト・調整  最初は腰痛で来院されたKさん(41才)は公務員の方で
  す。当初の症状が楽になってからも健康維持の為に、
  週に一度くらいの割合で、定期的に調整に来ていただ
  いています。
  もともと、出張が多くて、職場の人間関係にストレス
  を感じておられた方ですが、最近特に、体全体に疲労
  感を感じる。また、腰や首の調子もなんとなくよくな
  い、とのこと。
  早速検査してみると、仙骨の部分に歪みがあり、内分
  泌要素も肝臓系統が少し弱っているようです。
  そこでまず、仙骨の調整。そしてそのほか、全身的な
  骨格矯正。
そして、肝臓VRPを調整してみました。(写真)
ほどなく、構造上の異常も正常となり、肝臓機能も回復して、元気になっていかれました。

転倒後の太もものこわばり 神戸市西区のKさん

筋膜リリース  会社員のKさん(54才)。長年の腰痛持ちで、ホルモン
  のバランスも良くない状態でした。20年前の初診時
  には、腰痛のほか、頸椎にも問題があり、乗り物酔い
  がひどい状態でした。お聞きすると、出生時に首にへ
  その緒が巻き付いていたとのこと。出生時のことなの
  で、当然、ご本人の記憶にはないですが、体には、こ
  の過去の傷害の記憶が残っているようでしたので、
  IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で、この記
  憶を取り除く治療を何度か繰り返していくうちに、
  徐々に乗り物酔いしなくなってきました。
  また、当初の腰痛の症状がなくなったあとも、肩こり
  など日ごろの体調管理のために、定期的に調整をさせていただいていました。
先日来院時、しばらく座ったあと、立ち上がるときに太ももの筋肉がこわばって動きにくい、とのこと。
股関節や膝の筋肉が緊張していたので緩める施術を何度か行いましたが、施術直後はいいのですが、しばらくすると元の症状に戻るとのこと。
いろいろとお聞きすると、2ヶ月ほど前に脚立から落ちてお尻を強く打ちつけたことがある、とのこと。
そこで、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で転落のイメージの緩和をしながら、筋膜のリリースを行いました。(写真)
その後、徐々に太もものこわばりはなくなってきました。

首の痛み 神戸市中央区のYさん

骨盤の調整  会社員のYさん(32歳)。首の痛みと頭痛で来院されま
  した。
  早速骨格の検査すると、頭部が左上方、肩甲骨と腸骨
  が右上方に変位し、全体的に左回旋の状態になってい
  ました。
  お聞きすると、お仕事は立ち仕事で重いものを持つこ
  とが多いそうです。
  そこで、骨盤の調整と頸椎の調整を行ったところ、痛
  みが軽減しました。
  しかし症状は軽減しましたが、まだ骨格にはまだ、歪
  みが残っていましたし、1か月後には東京に転勤する
  予定もある、ということで、再度来院いただき、まだ歪みのある骨盤の調整を行いました。(写真) 

目まい 神戸市西区のSさん

IMG_3176  長年、主婦とお勤めを両立されているSさん(62才)。
  当初、腰が重い感じで痛みがある、ということで来院
  されましたが、その症状が治まってからも、2週間に
  一度くらいの割合で、健康のために施術を続けていた
  だいている方です。
  それが、先日来院されたときに、この間から、ある方
  向を向くと目まいがするんです、とのこと。
  耳石が原因か、とも思われましたので、頭蓋の施術と
  外耳道の調整を行いました。(写真)
  その後、目まいが起こることがなくなった、というこ
  となので、よかったです。

自己免疫疾患が原因と思われる首や腰の痛み  神戸市灘区のSさん

漂白剤スニフテスト  お勤めのSさん(52才)。最初、15年ほど前に腰痛で来
  院された患者さんですが、当初の腰痛が治まってから
  も、健康維持の為に、2週間に一度くらいの割合で、
  施術を続けていただいています。
  その方が、首と腰に、いつもと違う感じの痛みがあ
  る、ということで、内科と整形外科に受診されたそう
  ですが、どちらでも、異常なし、という診断だったそ
  う。 ただ、血液検査で、炎症を表す数値が少し高
  い、とのこと。 骨格的にも、少し歪みはあるもの
  の、それが原因でそこまで痛みを引き起こしていると
  も思えない状況。
  そこで、いつものように、骨格と筋肉調整をしたあと、QAテクニックの漂白剤スニフテストを行ってみました。
これは、アレルギーや自己免疫疾患などが原因で、何らかの炎症症状が起こっている場合に反応が現れるテストです。
すると、思った通り、その反応が現れましたので、続いて、それを取り除く施術をおこない、何度か施術を繰り返すうちに、痛みは改善していきました。

腰痛 明石市のIさん

片足立ち検査  お勤めのIさん(54才)。スポーツで痛めた膝を手術し
  たあとくらいから、腰に慢性的な痛みがあったそうで
  す。
  それが、先日、満員電車に乗り合わせた時、押されて
  無理な姿勢でしばらくの間、電車に揺られたそうで
  す。
  ひょっとしたら、これでまた腰痛が出るのではないか
  と不安はあったそうなんですが、翌朝、不安が的中し
  て、ひどい腰痛になったとのこと。
  姿勢検査、片足立ち検査をすると、ずいぶんひどい歪
  みがありバランスも崩れていて、靭帯や筋肉にも影響
  がでているようです。また、いろいろお聞きすると、職場での人間関係にも悩みがあるとのこと。
そこでまず、骨格の矯正と筋肉の調整。そして、精神的なストレスをIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で緩和していきました。
すると、症状は、徐々に楽になっていきました。

スキーで転倒後の腰痛 神戸市垂水区のOさん

腸骨の矯正  54才会社員のOさん。最初は、頭痛と腰痛で来院され
  ましたが、痛みが楽になった後も、健康維持のため
  に1週間に一度の割合で定期的に施術させていただい
  ている方です。
  そのOさんが、先日、スキーに行って転倒した後、腰
  痛が再発した、と来院されました。
  早速検査してみると、骨盤は左上方、肩甲骨と頭部は
  右上方に変位していました。
  そこでまず、骨盤(左腸骨部分)を矯正しました。(写
  真)
  そして次に、転倒したときの神経的ダメージをIRT(イ
  ンジュリ・リコール・テクニック)で緩和していきました。
症状は、徐々に楽になっていきました。

手首の捻挫 神戸市垂水区のMさん

手首の捻挫  63才の主婦Mさん。最初は、膝の痛みで来院されまし
  たが、痛みが楽になった後も、健康維持のために、2
  週間に一度の割合で定期的に施術させていただいてい
  る方です。
  そのMさんが、先日、家事をしていて、何気なく手を
  ついたら、その拍子に捻挫をしてしまったとのこと。
  早速、見させていただくと、橈骨(親指側の太い骨)が
  変位していました。
  そのまま放置すると肘や肩にも症状が出てくる可能性
  もあるので、早く治しておいた方がいいですよ、と施
  術させていただきました。
  捻挫してから、あまり日にちが経っていなかったこともあり、2度ほど調整させていただくと、手首の痛みは楽になっていました。

偏頭痛(スポーツ障害) 姫路市のKさん

身体呼吸療法  長年お勤めをされていたのですが、つい数か月前に
  退職され、今は専業主婦をされている60才の女性で
  す。
  これまでずっと、フルタイムのお勤めと主婦業を両立
  されていましたが、退職後、専業主婦となり、生活の
  リズムが変わり、精神的なものも大きく変化したとい
  うことで、神経的なストレスをとる施術をしばらくさ
  せていただいていました。
  そして、それが一段落し、これからは健康維持の為の
  施術に切り替えて、と思っていた矢先、最近、偏頭痛
  が出て気分が悪くなることがある、とのこと。
よくよくお話をお聞きすると、最近、健康体操を始めたのですが、それで首にちょっと無理な姿勢をして痛めたかも、ということでした。
改めて頸椎を検査すると、靭帯を損傷している、というほどでもありませんでしたが、そのことが引き金になって、偏頭痛を引き起こしている可能性も。
そこで、首の靭帯を身体呼吸療法を使い、ソフトに調整していきました。