こころの疲れ

自律神経失調症

神戸市兵庫区在住 Nさん(30歳)女性

 

坐骨神経痛で来院されていたが、仕事上の人間関係のストレスで

 

内科で自律神経失調症と診断された。

 

胃腸等の不調で仕事にも影響が出てきた。

 

坐骨神経痛は良くなってきていますが、骨格調整を施し、人間関係の

 

ストレスをAKテクニック(QA)感情ポイントテクニックをし、身体呼吸法で

 

脳脊髄液を正常にすると大変よくなってきました。

精神的ストレス(頸痛)

神戸市須磨区にお住いのHさん男性62才

健康維持の為に二週間に一度の施術に来院されていたのですが

最近、首、肩等に痛みが生じてきたと来院。

頭部、肩甲骨は右上方へと変位している。

何故、骨格が変位したのかと調べてみると、家族との間で意見の相違があり

悩んでいるということがわかり、早速、IRT(インジュリーリコールテクニック)

と感情ポイントテクニックをし骨格矯正を施すと痛みも軽くなり良くなってきました。

加古川女性  めまい ふらつき

定期的に治療を受けているYさん。
仕事の人間関係でストレスを抱えてしまい、軽いめまいとふらつきがでてきました。
施術は、筋・骨格治療 IRT,感情ポイントテクニック、目の動き(眼球運動)が悪くなっていたので
眼球の動きを見ながら、目の方にもアプローチをかけていきました。
定期的に治療を受けているYさん。2~3回の治療で、ふらつき、めまいが減少してきました。

こころの疲れ

21精神的ストレスによる腰椎と目まい

 心臓が動く、呼吸をする、食べ物を食べたら胃や腸
 が消化を始める、暑い所に行く汗が出る等々、人の
 体は、それと意識せずとも自然に(自動的に)、自身
 を健康な状態に保とうとしますが、これは、自律神
 経の働きによるものです。

 その自律神経は、人の体の中でアクセルの働きをす
 る交感神経と、ブレーキの働きをする副交感神経で
 構成されていて、そのバランスがとれていると身体
 は正常に働きますが、バランスが崩れた時、いろい
 ろな不具合が出てきて、自律神経失調症と呼ばれま
 す。
石田カイロプラクティックでは、筋肉や関節にある体性神経(感覚神経・運動神経)を刺激することで、間脳というところに働きかけ、自律神経の調整をしていきます。

また、TBM(トータル・ボディ・モディフィケーション)やIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で、肉体的、または精神的なストレスの原因を探り、体内に残ってしまっているその障害の記憶を取り除き、本来、誰もが持っている自然治癒力を引き出す方法で調整していきます。

更年期障害

“更年期障害”も、ホルモンバランスが崩れることによって自律神経のバランスも崩れる自律神経失調症の一種です。

また、それ以外でも、精神的ストレスや肉体的ストレスが、過剰にかかることで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、どちらか一方だけが優位の状態が続くと、やはり自律神経失調症を引き起こしてしまいます。

illust2809_thumb  これらに対して、薬物療法では、一時的に症状を抑えることはできますが、根本的な
  対策にはなりません。

  石田カイロプラクティックでは、筋肉や関節にある体性神経(感覚神経・運動神経)を
  刺激することで、間脳というところに働きかけ、自律神経の調整をしていきます。

  また、TBM(トータル・ボディ・モディフィケーション)やIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で、肉体的、または精神的なストレスの原因を探り、体内に残ってしまっているその障害の記憶を取り除き、本来、誰もが持っている自然治癒力を引き出す方法で調整していきます。

illust2821_thumb