首の痛み

頸の痛み

神戸市西区在住Uさん57歳 女性

 

仕事とテニス等のスポーツをされていて、頸の痛み特に後方にすると痛く

 

腰にも痛みが出ると来院。

 

テニスをしていると右手にしびれも出るようになった。

 

まず、調整は、腰の歪みを取り、頸椎(首)の調整も同時に施術。

 

正常にすると、右手のしびれも軽くなり、頸も後方へスムーズに動くようになった。

 

テニスのサーブで首が痛くなっていたので、トラウマ的な要素を取り除く、AKテクニック

 

IRT、(インジュリーリコールテクニック)で取り除いた。

スマホ首  67才男性Yさん

img_3772最近、パソコンやスマートフォンが増え、便利になる一方で

首の不調を訴える人が多くなってきています。

スマホを触ればいつの間にか時間が立っていたというようなこともあります。

スマホ首の症状としては、
頭痛、腰痛、吐き気、肩こり、首こり、めまい、手の痛みやしびれ、うつ気味になる

などの症状があるようです。

Yさんも整形外科で、スマホ首と診断されたみたいです。

治療は、筋・骨格調整、特に首、肩甲骨周りを中心として治療し、過去の傷害を緩和させる
テクニックIRTをし、帰る時には肩があがるようになってきました。

首の痛み

29首の痛み  首の骨(頸椎)は、背骨の最上部にある7つの椎骨のこ
  とをいいます。そして、それらで重さが6~8Kgもあ
  る頭を支えており、頭を上下左右に動かしたり回転さ
  せたり、日ごろが大きな負担がかかっています。

  パソコンやスマホの画面を長時間見ていたり、良くな
  い姿勢を長時間つづけたり。当初は寝違えか、と思っ
  ていたら、なかなか良くならなくて、とか、交通事故
  のむち打ちやスポーツをしていて、などの外的ストレ
  スが原因で、など、原因は様々ですが、筋肉の緊張や
  頸椎の変位など機能的異常に起因するもの、また、強
  い神経的ストレスが原因していることもあります。

石田カイロでは、筋肉の緊張によって歪みを生じたり動きの悪くなった骨格の矯正をしたり、ソフトティ
ッシュー・テクニックで筋肉の調整をします。

また内臓機能の低下や精神的なストレスが原因の場合は、AK(アプライド・キネシオロジー)テクニックやオステオパシー、またトリガー・ポイントを使った調整を行います。

また、精神的なストレスがある場合は、IRT(インジュリ・リコール・首の痛みと腕の痺れ
テクニック)で身体に残った傷害の記憶を除去し、身体呼吸療法によって脳脊髄液の流れをよくすることで、症状の軽減を図ります。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/randg6/ishida-chiro.com/public_html/wp-content/themes/lct/category-default.php on line 74