頭痛

頭痛 神戸市須磨区 男性(20歳)

家を離れて二年目の学生さんですが、近頃、体全体がだるく、特に頭痛が続く日が

 

多くなり、勉強も手が付けなくなり、成績も下がってきたと来院。

 

施術としては、まず骨格の歪みを正しくし、歪みの原因を探ると学校生活の不安と

 

勉強の成績が下がってきているというのが原因と判断し、カイロプラクティックテクニックの

 

QA、感情ポイントテクニックで施術。

 

現在は、症状もとれ元気になられた。

頭痛(精神的ストレス)

神戸市垂水区にお住いのOさん 男性(56才)

 

健康維持の為に月に数回の施術を受けてもらっているが、最近、頭痛もあるが

やる気が起こらなく神経が落ち込んでいる状態が続いている。

まず頸椎(首)の施術をし頭部にいく血流が低下しているのを改善し

仕事による精神的苦痛をカイロテクニック、AKの感情ポイントテクニックで

施術する。日頃の健康維持の為の施術を受けていただいているので

慢性にならなかったので早く改善出来ました。

頭痛

98頭痛

  日本人の3~4人に1人(約3000万人)が何らかの
  「頭痛持ち」で、その7割以上が緊張性頭痛、3割弱
  が片頭痛だそうです。

  また、女性の方が頭痛を訴える割合が高く、緊張性頭
  痛の6割、片頭痛の8割が女性だそうです。頭痛の原
  因としては、無理な姿勢・合わない枕・目の酷使など
  による関連する筋肉の緊張での身体的ストレスや、ま
  た心配事や不安・悩みなどによって自律神経がうまく
  機能しなくなる精神的ストレスが考えられます。

  頭痛の調整には、石田カイロでは、筋肉の緊張によって歪みを生じたり動きの悪くなった骨格の矯正をしたり、ソフトティッシュー・テクニックで筋肉の調整、またトリガー・ポイントを使います。

また、精神的なストレスがある場合は、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で身体に残った傷害の記憶を除去し、身体呼吸療法によって脳脊髄液の流れをよくすることで、症状の軽減を図ります。

※頭痛を発症器官別に分けると…

1) 頭部内の有害刺激による放散痛(眼性・蓄膿症・顎関節症など)

2) 頭・頸部の骨格筋の緊張(頸椎の異常など)

3) 頭蓋の炎症・刺激(くも膜下出血など)

4) 頭部血管の牽引・拡張(高血圧・酸素欠乏・脳動脈瘤など)        illust2815_thumb           
5) 頭蓋内組織の牽引(脳腫瘍など)

6) 頭部動脈の拡張(片頭痛・生理痛など) 

 

 

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/randg6/ishida-chiro.com/public_html/wp-content/themes/lct/category-default.php on line 74