総院長&院長ブログ

Sunday Club

投稿日:2018.01.16

Sunday  Clubに載せました。

 

謹賀新年 今年も宜しくお願いします。

独立リーグ 元神戸9クルーズ大島投手と久々の再会

投稿日:2017.12.29

神戸9クルーズのエース大島さん。

 

当時、プライベートトレーナーとして調整をさせていただいた選手ですが

 

引退され今も、野球関係のお仕事をされていますが、神戸に用事があったみたいで

 

治療所に会いに来てくださいました。

 

色々とお話出来て私も非常に参考になり楽しかったです。

 

今後も御活躍お祈りいたします。有り難うございました。

勝負に勝つ(イップス)

投稿日:2017.12.12

アマ竜星戦で連覇達成された神戸市在住の諸留康博さん

 

日頃、健康維持の為に来院されてい諸留さんは、試合の前には必ず

 

トラウマ的、又は、自分の弱点等を取るテクニックIRT等で神経的なストレスを改善し

 

日頃の練習の技術を100%出せる様に施術し、今回の好結果が出せたと、話しされていました。

 

おめでとうございます。

子供さん(3才)苦手意識(人見知り)

投稿日:2017.09.08

大阪市西淀川から施術に来られているIさん(32才)

Iさんも腰痛、(全身の痛み)で施術をうけておられるIさんの子供さん(3才)

は、人見知りをし、泣く時の行いが激しく、母親から離れなくなり母親の施術が出来ない日もありました。

Iさんが施術するときは、子供さんも一緒に来るので、子供さんの施術もしていくことにしました。

施術は、IRTで苦手意識の緩和。出産直後の状態の正常化を計りIRT等で施術しました。

施術3~4回目で人見知りも落ち着いて泣くことの行動が少なくなってきています。

 

頭痛 (進化するカイロ3)

投稿日:2017.08.23

HEALTHとCOLUMN  進化するカイロ③

石田カイロプラクティックの症例別施術①

頭痛

イップス等でスポーツ後遺症等で成果をあげている石田カイロの使用例別施術で

今回、頭痛わとりあげてもらっています。

頭痛で悩まれている方の七割以上が緊張性頭痛で三割が偏頭痛だそうです。

石田カイロでは、筋肉の緊張調整をし、歪みを生じた骨格を矯正し、精神的なストレスがある場合はIRT

で身体に残った障害の記憶を除去する施術をしています。

結 No18 .2017.6月28日発行

投稿日:2017.08.01

国際カイロプラクティック師連盟の会員冊子に今回QAテクニック

国際認定ドクター取得の記事を載せていただきました。

 

AKをベースに創られた治療体系QA(Quintessentiai  applications)

の国際認定ドクターのレベル1に世界で初めてのスカイプによる実技試験

と日本語による学術試験に合格。

日本三人目に正式に認定されたと紹介していただきました。

あさひGreen Family No332(2017.6.20発行)

投稿日:2017.06.28

進化するカイロプラクティック

構造的・神経的なストレスを除き健康な体を取り戻す。

TBM(トータル・ボディー・モディフィケーション)カイロプラクティックのテクニックのひとつで

自律神経に働きかけます。

IRT(インジュリー・リコール・テクニック)過去の怪我、負傷の記憶から起こる違和感、痛み、苦手意識

を克服するという機能神経学の考え方を根底とした画期的かつユニークなテクニックです。

WILD SPIRIT Vol.2

投稿日:2017.06.12

6月11日 神戸市中央区 ハーバースタジオでWILD SPIRTが行われ

試合前には、必ず調整に来られている極真会館中村道場の松岡朋彦先生が

出場されるので同行させてもらいました。

調整は、試合前の緊張の緩和。IRT、感情ポイントテクニックで調整させてもらいました。

結果は引き分けですが、これからも期待していますので頑張って下さい。

第91回ラビッツチャレンジカップjrヨネックス杯兵庫

投稿日:2017.05.20

2017年4月30日に新宝塚カントリークラブで行われた、jrのゴルフの大会があり、冨嶋春伸君が出場しました。

ゴルフをはじめまだは日も浅いなか、初めて大会に出る事になったみたいです。

楽しさ半分。不安半分で緊張しプレーした結果、第2位で終わったみたいです。初めての大会で2位すごい結果が残せれました。

大会前に施術をし、筋・骨格の施術をし、大会での不安と緊張感を、IRT、感情ポイントテクニックで緩和し大会に出場。

この前は、空手の試合で2位。今回は、ゴルフで2位。次は、優勝してほしいですね!これからも応援していきす。

あさひGF No330 2017 4.20掲載

投稿日:2017.05.04

進化するカイロ2

めまいなどの体調不調やスポーツ障害の悩みに対応。

スポーツ障害で多い症状は、野球肩やテニス肘などで生じた機能的障害。

こうした外的なストレスに関しては、従来のカイロプラクティックのテクニックで

骨格・構造的な機能を改善。

過去のスポーツ体験で残った神経的障害で悩んでいる患者さんも多くいてます。

 

筋肉や関節にある体性神経を刺激することで間脳に働きかけ、自律神経の調整をするという手法

TBMやIRTテクニックをしています。

こうして肉体的、精神的な精神的なストレスを探り、体内に残っている記憶を緩和し、本来、持っている

自然治癒力を引き出して調整していくというものです。

同オフィスの施術は一人ひとりの体調に合わせた、体に負担の少ない安全な手法で施術をしています。

1 / 812345...最後 »